空席の確認方法やコツ

ネットを活用して予約

レディ

夜行バスは大都市圏を結ぶだけではなく、大都市から地方都市や大型テーマパークに向かう路線等も増えています。夜行バスの予約方法で代表的なのが、インターネットや旅行会社の窓口で直接チケット購入をするやり方ですが、インターネットの方が利便性が高い場合があります。多くの高速バス会社は予約サイトにチケット購入状況を掲載しているからであり、一部の事業者の中には会員登録をしていなくても空席状況がわかります。これらの事業者はほぼリアルタイムで状況がわかるほか、それ以外の事業者は1日1回予約状況を公表している事もあるので、混雑するシーズンや繁忙期に乗る場合は頻繁にチェックしておきましょう。夜行バスの予約は1ヶ月前等から始まる事が多く、確実に席を確保したい場合は発売当日に予約を完了しておく事がおすすめです。早めに予約しておく事で、路線によっては早期割引価格を適用されるケースが導入されている事から、有効活用してお得に夜行バスに乗車しましょう。ネット決済割引を導入している事業者を予約する場合は、クレジットカード会員登録をしておくとお得に購入出来る場合があります。なお、キャンセルをしたい場合はキャンセル料が掛かりますが、乗車の数日前になってしまうと結構な料金が掛かるので注意しましょう。新幹線・航空機と比較すると半額以下で乗車出来る夜行バスは、仮眠が出来たり早朝から活動できるメリットがあるので旅行・ビジネス等でフル活用してみて下さい。

料金が安い

乗り物

旅行や出張などで長距離を移動するときには交通費が高くなるため、福岡では高速バスを利用する人が増えています。福岡の高速バスを利用することで、交通機関でも安い料金で長距離を移動する事ができます。新幹線や飛行機を使って福岡から長距離を移動した場合、東京まで行くのに2万円以上の費用がかかります。高速バスを利用して福岡から東京までいけば、6000円程度の費用で行く事ができるため、交通費の節約になります。また福岡の高速バスは夜に出発して朝に目的地に到着することが多いため、寝坊する心配がありません。寝ている間に目的地に到着する事ができるため、旅行や出張で福岡の高速バスを利用することで、効率よく時間を使えます。早朝に目的地に着くため、福岡の高速バスを利用すれば、時間にゆとりを持って観光地を回ったり仕事を行えます。電車での移動では荷物を保管しておくスペースが狭いため、沢山の荷物を持って移動する事はできませんが、高速バスは荷物を多く積むことが可能です。そのためサイズの大きいキャリーバッグを持って移動することが容易で、荷物の量を心配する必要がありません。飛行機や新幹線を利用して移動するときには、搭乗できる場所が限られているため、自宅からの距離が遠くなります。福岡の高速バスは乗車場所がいくつかに分かれているため、自宅から近い場所で高速バスに乗れます。また下車する場所も飛行機や新幹線に比べて融通が利くため、目的地の近くで降りられます。

選ぶときのポイント

ウーマン

レンタカーは通常時間単位や日単位で借りることが多いのですが、長期間レンタルしたいというときはマンスリーレンタカーがおすすめです。マンスリーレンタカーとは、その名の通り一ヶ月単位で車をレンタルするサービスのことです。1日あたりの費用で割るとかなり安くなり、いちいち返却したり借りに行ったりする手間が省けるため便利です。大手のレンタカー会社ではたいていマンスリー展開していますが、最近は格安のレンタカー会社でもサービスが始まっています。選ぶときの大きなポイントとして料金があります。大手よりも格安会社として知られている会社や、地域に根付いた会社の方が安い傾向にあります。ですが、初心者に近い場合は大手の方が安心といえます。なぜかというと、格安会社の場合は、車の年式が古かったり、走行距離が多かったり、カーナビなどがオプションとなっていることが多いためです。年式が古かったり走行距離が多かったりすると、使用しているうちにトラブルが起こる確率が高く、安全性の面からもコストの面からもおすすめできません。基本料金を安くする分、オプションで利益を出していることが多いため、割高になるおそれもあります。また、保障制度も大手の方が充実しており、安心できます。マンスリー利用となると、利用する時間が長いので、安全性と安心感に注意して選ぶとよいでしょう。また、ネット予約するとさらに安くなることも多く、キャンペーンにより安くなることもあります。いくつか比較検討して選ぶのがおすすめです。

海から都会の景色を堪能

男女

今や外国人を中心に観光客が増加しており東京でも同様の傾向で、東京では海から都会の景色を楽しむ東京湾クルーズが人気です。東京湾クルーズを利用する際の準備物としてはクレジットカードや日焼け止めアイテム、ネックストラップ付きパスケースが挙げられます。費用は2時間の乗船のみのクルージングで約3千円です。

詳しく読む

近年人気の宿泊方法

風景

民泊はホテルや旅館と違い、個人が所有するマンションや一軒家、またはその中の一部屋を宿泊場所として貸し出す事を言います。ホテル等と比べると非常に格安で、1泊2000円や3000円程度で宿泊が可能な上、専門サイト等を利用すれば予約する事も可能です。

詳しく読む

1ヶ月単位で借りられる車

家族

レンタカーを利用する人が増えているのは、税金や保険料やメンテナンスなどの維持費がかからないからです。家族が入院したり会社を起ち上げた時にはマンスリーレンタカーが便利でお得です。1ヶ月単位で借りることができ、会社などは借りる費用を損金処理できます。格安の場合はオプション料金に気をつけます。

詳しく読む