夜行バスを使って快適な旅をしよう|メリットが豊富

近年人気の宿泊方法

今までと比べると安い

風景

旅行等の場合はホテルや旅館に宿泊する事が一般的です。人によってはユースホステル等もありますが、宿泊する為の専門の施設の利用が一般的です。これに対して民泊は個人が所有するマンションや一軒家、またはその中の一部屋を宿泊場所として貸し出す事を言います。これは近年外国からの観光客の増加により宿泊施設が足りなくなった点や海外ではこの民泊が非常に盛んである点から、日本でも急速に広まっていきました。基本は空いている部屋を有効活用しようという発想が根底にありますが、日本では民宿海外ではB&Dがこの民泊に近い形です。民泊はホテル等と比べると格安でリーズナブルと人気になっています。数人で泊まる場合は2000円程度から、1部屋を借りても3000円〜4000円程度と言われており、非常に格安です。民泊の問題は法律が完全に整備されていない点以外に、どうやって見つければ良いかです。そこで近年では民泊専門サイト等も出来上がっており、そのサイトでは予約も可能となります。様々ある民泊から料金の比較をして格安のところに予約を入れる、または希望する設備を入力してデータベースとマッチングし予約をする事も可能になっています。民泊はホテルではないので料理は自炊する等の準備が必要です。またホテルであれば観光について相談出来ますが、そういったサービスはありません。自分で準備が必要です。今後海外からの旅行者はさらに増えてる事が予想されている事から、ホテルよりも格安でさらに予約も出来る民泊のニーズや需要は高まると考えられます。

防寒対策は忘れずに

クルーズ船

東京湾、お台場、隅田川や豊洲などの水上から東京の夜景を楽むことができる東京湾ディナークルーズは、今、東京で人気を集めています。美しい夜景と美味しいディナーとの組み合わせで、非日常的な時間を提供してくれるので、大事な人との記念日やプロポーズなどの特別な日に最適ですが、最近は結婚式二次会や忘年会・歓送迎会などのホテルや居酒屋で行われていたパーティーの代わりに利用する人も増えています。東京湾クルーズは、多くのクルーズ業者が船を運航しています。船の豪華さや料理などで料金の違いはありますが、多くのタイプが準備されているので、予算と希望に合ったディナークルーズを選ぶことができます。東京湾クルーズ船の発着場所は、竹芝、お台場など交通アクセスが良いところで便利なところにあるのも人気を集めているポイントです。東京湾クルーズの利用はそれだけで楽しいのですが、初めてのクルーズ船に乗るときにちょっと気を付けるとさらに楽しさがアップする留意点があります。夜景は船上のスカイデッキで楽しむのですが、船上は地上より少し肌寒く感じるので、防寒対策として、大きめのストールや薄手の上着を持っていくと膝や肩にかけたりできるので便利です。船内の冷房が思ったより効いている場合も少なくないので、そのような時にも役立ちます。東京湾クルーズは、天候が急に変わり風が出ることも少なくないので、一大イベントを成功させしっかり楽しむためには、防寒対策は必須なので忘れないように気を付けましょう。

とても便利なバス

バス

夜行バスといえばスタンダードな4列シートが以前は多くが使われていましたが、近年では様々な車両タイプが導入されています。2席と1席の3列シート・独立3列シートがある事に加え、座席数を限定したラグジュアリータイプを導入する事業者が増えています。これらの夜行バスを有効活用する事により、車内でしっかりとした睡眠が確保出来るので朝早い仕事や観光も問題なく始められるでしょう。夜行バスの予約方法は、旅行会社・バスターミナルの窓口・バス会社の公式サイト等から購入する事が出来ます。発売は乗車日の1か月前や2か月前が一般的となっており、事業者の一部は早期購入割引を採用している事もあるので有効活用しましょう。最近では、混雑率や空席率を考慮した料金設定を導入している事業者があるので、繁忙期以外の平日は思った以上の安さで乗れる事も多々あります。なお、トイレなしの4列シートが最も安いものの、2〜3時間おきに休憩が確保されているのでトイレが近い場合は乗車前にトイレを済ませておく事が大切です。夜行バスに乗る際は、走行音・いびき・明かりといった仮眠がしにくい環境が予想される事から、耳栓・アイマスク等を準備しておくと良いでしょう。首・肩・腰への負担が長時間乗車では起こる可能性もあるので、ネックピロー・クッション等を持参して身体的負担を減らして下さい。夜行バスはしっかりとした乗車対策をしておけば快適に乗る事が可能なので、事前準備を万端にしておきましょう。

海から都会の景色を堪能

男女

今や外国人を中心に観光客が増加しており東京でも同様の傾向で、東京では海から都会の景色を楽しむ東京湾クルーズが人気です。東京湾クルーズを利用する際の準備物としてはクレジットカードや日焼け止めアイテム、ネックストラップ付きパスケースが挙げられます。費用は2時間の乗船のみのクルージングで約3千円です。

詳しく読む

近年人気の宿泊方法

風景

民泊はホテルや旅館と違い、個人が所有するマンションや一軒家、またはその中の一部屋を宿泊場所として貸し出す事を言います。ホテル等と比べると非常に格安で、1泊2000円や3000円程度で宿泊が可能な上、専門サイト等を利用すれば予約する事も可能です。

詳しく読む

1ヶ月単位で借りられる車

家族

レンタカーを利用する人が増えているのは、税金や保険料やメンテナンスなどの維持費がかからないからです。家族が入院したり会社を起ち上げた時にはマンスリーレンタカーが便利でお得です。1ヶ月単位で借りることができ、会社などは借りる費用を損金処理できます。格安の場合はオプション料金に気をつけます。

詳しく読む