夜行バスを使って快適な旅をしよう|メリットが豊富

海から都会の景色を堪能

また違った趣があります

男女

近年、外国人を中心に観光客がどこの地域でも増えてきており活況を呈しており、特に都会ではその傾向が顕著になっています。東京都も例外ではなく、東京都では自治体によるPRも手伝って多くの観光客でにぎわっています。そんな中、とりわけ人気のあるのが東京湾クルーズです。大都会・東京の景色を普段見ることが出来ない海から楽しむといった趣向が受けて、今では東京の新しい観光スポットとして注目されています。ここではそんな東京湾クルーズについて利用するに当たっての準備や費用相場について紹介します。まずは準備として、クレジットカードを所持しておくことです。東京湾クルーズでは船内でショッピングが出来るものもあり、多くの場合はクレジットカードが使えます。もちろん現金払いも可能ですが、カード払いのほうが会計処理がスムーズに行えますので、準備しておきたいものです。また帽子やサングラス、日焼け止めクリームも必須アイテムと言えます。甲板では直射日光となりますので、デッキなどに出るときはこういったアイテムは必要不可欠となります。さらに意外と重宝するのがネックストラップ付きパスケースです。乗船証などをケースに入れておけますので船内を移動する際には大変便利です。費用相場は東京湾クルーズを実施するクルージング会社によって多少異なりますが、2時間のクルージングで概ね3千円程度です。また食事付きのクルージングであれば、ランチの場合で約5千円、ディナーの場合で約1万円となっています。

日々サービスが拡充

車内風景

旅行などでの長距離の移動手段として多くの方が利用しているのが夜行バスです。夜行バスとは夕方から深夜にかけて出発して、夜間中走行し翌朝に目的地に到着すると言う形態をとるバスを指します。長時間の運転が必要になる長距離区間で路線が設定されている事が多く、東京、大阪間や東京、仙台間など地方都市と東京を結ぶ路線が多くなっています。夜行バスが走行しているのは深夜となるので寝ていれば、翌朝には目的地に到着する事になります。その為、前泊をして現地入りしてホテルに宿泊するのと変わらない感覚で利用する事が可能です。なお、走行時間は路線や乗車場所にもよって異なりますが7、8時間程度掛かり、間に2、3回休憩を挟むのが一般的です。近年は事故防止の為に途中で乗務員の交代などを行うバス会社も登場するなど各社、安全性に配慮をした取り組みにも力を入れている状況です。また、各社、顧客獲得の為の取り組みとして各種サービスの拡充にも力を入れています。窮屈な4列シートに加えて、ゆとりのある3列シートを取り入れたり、各席にコンセントを設けたりするなど利便性や快適性の追求が一つのトレンドです。更に女性客が多い路線などでは女性同士を隣り合わせにする配慮を行なったり、プライバシーを守る為にカーテンを付けるなどの取り組みを行うケースもあります。この様に夜行バスは安全性に配慮をしているだけでなく、各社、差別化を図る為にサービスの拡充に努めています。

近距離・長距離路線が存在

乗り物

福岡市内を発着する高速バス路線は、熊本・佐賀を始めとした近距離路線はもちろんの事ですが、中国・四国・山陰・関西・東日本エリアといった長距離路線も存在します。熊本・佐賀の高速バス路線は、私鉄・JRと競合している関係で多くの便数の設定があり、格安で乗れる事に加えてあまり待たずに乗れるメリットがあります。長距離路線で代表的な路線は名古屋・大阪・東京便等がありますが、長距離であっても一人あたりの面積が広めに設定されているのであまり疲れずに乗れます。福岡を発着する近距離便は、一般乗合バスや観光バス仕様の4列シートが一般的で、長距離便は3列シート・プレミアム2列シートの設定がある事から、半日の乗車であっても疲れ知らずです。福岡発の高速バスの料金設定は、近距離タイプの場合では正規運賃と往復・4枚綴りといった割引システムを採用しており、大人数で乗車する場合は複数切符を購入するのがおすすめです。長距離タイプは繁忙期・閑散期の設定があり、早いうちに購入しておくと平均で数%お得になる段階的な割引制度が導入されています。福岡発着の高速バスの車内は、乗客のプライバシーに配慮した設計をしている事が多く、発車直後・到着直前以外の高速道路ではプライベートカーテンが座席周辺に敷かれます。多少寝相が悪くても安心して乗れる事や、アームレストを独占して使えるので耳栓やネックピローを使えばストレスを感じずに車内で仮眠出来るでしょう。

海から都会の景色を堪能

男女

今や外国人を中心に観光客が増加しており東京でも同様の傾向で、東京では海から都会の景色を楽しむ東京湾クルーズが人気です。東京湾クルーズを利用する際の準備物としてはクレジットカードや日焼け止めアイテム、ネックストラップ付きパスケースが挙げられます。費用は2時間の乗船のみのクルージングで約3千円です。

詳しく読む

近年人気の宿泊方法

風景

民泊はホテルや旅館と違い、個人が所有するマンションや一軒家、またはその中の一部屋を宿泊場所として貸し出す事を言います。ホテル等と比べると非常に格安で、1泊2000円や3000円程度で宿泊が可能な上、専門サイト等を利用すれば予約する事も可能です。

詳しく読む

1ヶ月単位で借りられる車

家族

レンタカーを利用する人が増えているのは、税金や保険料やメンテナンスなどの維持費がかからないからです。家族が入院したり会社を起ち上げた時にはマンスリーレンタカーが便利でお得です。1ヶ月単位で借りることができ、会社などは借りる費用を損金処理できます。格安の場合はオプション料金に気をつけます。

詳しく読む